Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 512

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 527

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 534

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 570
SecondWave » Windows

Archive

Posts Tagged ‘Windows’

Android 2.1 のアプリケーション開発環境の構築

1 月 19th, 2010

こんにちは、きろです。

Google が提供する Android SDK 2.1 が最近リリースされた。 NexusOne が発表されたにも関わらず、 NexusOne で動いている Android の SDK が出ていないという状況にデベロッパーの人はかなり不満を感じていたかもしれないですね。

それはさておき、以前 Android SDK を触ったときは、1.0か1.5のときだったと思う。 Android SDK 2.1 になってから、開発環境のインストール方法も随分と様変わりしてしまったみたいなので、環境をインストールする方法をメモっておこうと思う。

SDK をダウンロードする

android-dev

Android developers の SDK ダウンロードページから、自分の使っているプラットフォームの SDK を入手する。今回は Windows マシンにインストールすることにした。

ダウンロードしておいた、 android-sdk_r04-windows.zip を好きな場所に展開する。 android-sdk-windows というディレクトリを C:UsersUserName の直下に配置した。

ADT Plugin を Eclipse にインストール

今は Eclipse 3.4 (Ganymede) を使っているが、 Eclipse 3.5 でも ADT Plugin は使えるみたいだ。

Eclipse のソフトウェアアップデート機能を使ってADT プラグインをインストールする。

  1. ヘルプ > ソフトウェア更新 を選び、ソフトウェア更新のダイアログを開く
  2. 使用可能なソフトウェア タブを選択し、サイトの追加 をクリックする
  3. ロケーション に https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ と入力する
  4. 追加されたサイトの Developer Tools にチェックを入れて、インストール をクリックする
  5. インストールしたら、 Eclipse を再起動

サイトのロケーションが無効だって言われる場合は、 https:// ではなく、 http:// に変えて試してみると良い。

ADT Plugin の設定

ADT の設定をする。

ウィンドウ > 設定 から設定を開き、左側のツリーから、 Android を選択する。

android-adt-plugin

SDK ロケーションに、先ほど配置した android-sdk-windows のパスを設定する。

Android SDK のインストール

Eclipse に ADT プラグインをインストールしたら、ツールバーに黒い電話のようなアイコンが追加されていると思う。それをクリックすると、 Android SDK and AVD Manager が表示される。

Available Packages を選択して、右側にツリーが表示されているので、すべて選択する。

Install Selected を押すと、各バージョン向けの Android SDK がダウンロード、インストールされる。

android-sdk-and-avd-manager

どのバージョンの SDK がインストール済みどうか確認するには、 Android SDK and AVD Manager の Installed Packages を見ればよい。

これで Android アプリケーションの開発環境が整った。 Android の各バージョンに対して、一つの環境で切り替えつつ開発できるというのは良いですね。

kilo@WebMaster Android , , , ,

Komodo Edit 結構いいんじゃない?

12 月 10th, 2009

こんにちは、きろです。

12-10-2009-komodoedit

Windows, Mac OS X, Linux で同じように使えて、コーディング向きなエディタってのを探してなかったので、最近知った Komodo Edit ってやつを使ってみています。

Komodo Edit を知ったのは、Google Wave 上で、 shima 氏と PyMT について雑談していた時。( PyMT は今度触ってみたいと思ってるけど、マルチタッチなデバイスが手元にないのが… )

デモビデオの中で使用されていたエディタが気になって調べてみたら、 Komodo Edit だったというワケです。

2, 3 日使ってみて、結構いいんじゃない?と思っている。

対応している言語が多いし、eclipse より軽い。euc-jp が使えないみたいだけど、最近ほとんどのテキストが utf-8 なので、まぁ、問題ないかな。

テンプレートエンジンの記法まで対応してるし、キーバインドも emacs, vi … と選べるし、今のところ不都合はない感じです。

kilo@WebMaster 雑記 , , ,

Apple Magic Mouseが届いた!

11 月 10th, 2009

11-10-2009-magicmouse-02

こんにちは、きろです。

先日発売されたマルチタッチ(世界初?)に対応したマウス、Magic Mouseを注文していたのですが、先日届きました。

Appleのオンラインストアのステータスでは、14日に到着予定だったのですが、予定より早く到着しました。Appleストアぐっじょぶです!

早速、セットアップしてみましたよ。

まずは、開封してMagic Mouseの裏にある電源をスライドしてONにします。

Mac側のBluetooth環境設定でデバイスを追加する(パスキーはない)とすぐ使えるようになります。

ただ、Magic Mouseをフル活用するには、Wireless Mouse ソフトウェア・アップデート 1.0を適用しなければ、スワイプやスクロールなどの機能が使えないみたいです。

ソフトウェアアップデートから取得できる場合もあるようですが、Appleサポートからダウンロードしてきました。Wireless Mouse ソフトウェア・アップデート 1.0はleopardsnow leopard用があるので、自分の使っているMacのバージョンに合ったものをダウンロードします。

ここでちょっと問題が発生。

Wireless Mouse ソフトウェア・アップデート 1.0をインストールして、再起動すれば完了!のはずですが、環境設定のマウスをみても、Magic Mouse用の設定画面が出てきません!

どうやら、前からインストールしていた、USB Overdriveというソフトウェアと競合しているようです。

USB Overdriveをアンインストールして、再度、再起動すると無事Magic Mouseの設定が現れました。

11-10-2009-magicmouse-03

私の使っているMacのバージョンはleopardなので、スクロールのところで慣性スクロールが選べませんが、その他の設定はsnow leoperdと一緒です。

軌跡の速さは、最大にしていてもちょっと遅い感じがします。17インチのディスプレイで使用していますが、これより広いディスプレイだと使いにくそうな気がします。

11-10-2009-magicmouse-01

かなり平べったい形をしているMagic Mouseですが、マウスを持つというよりは、手は軽く添えて使うという感覚です。

Bootcamp環境のWindowsでは、スクロールやスワイプなどの操作はできませんが、2ボタンマウスとしてはとりあえず使えるようです。

Windows用ドライバを開発しているという噂もあるので対応が待ち遠しいですね!

kilo@WebMaster Mac, 雑記 , , , ,

Subversionの.svnバージョンががが

11 月 2nd, 2009

こんばんは、きろです。

WindowsでSubversionを操作するときは、TortoiseSVNをよく使います。

ログとか変更ファイルチェックするのは、GUIが便利で効率いいですから。

でも、基本的に作業は仮想マシン上のUbuntuで行うので、Sambaでsvnの作業コピーを共有して行っています。

今日、ついうっかりTortoiseSVNのバージョンを最新にしてしまったので、svnの作業コピーのバージョンも自動的にsvn 1.6系に更新されちゃいました。

Ubuntu(jaunty)のパッケージで配布されているSubversionは1.4系なので当然、バージョン互換性がないので操作できなくなっちゃいました。

仕方がないので、Ubuntu側のSubversionを最新にすることに。

launchpad https://launchpad.net/~mdiers/+archive/svn16 に1.6系のパッケージがありました。

これをインストールして何とか使えるようになりました。

公式のパッケージではないので注意が必要ですが、公開してくれた方に感謝しつつ使わせていただきます。

kilo@WebMaster Tech, 雑記 , , ,

Windows7、ファーストインプレッション

1 月 13th, 2009

こんばんは、きろです。

Windows7のβ1が公開されましたね。
Microsoftの配布ページからダウンロードして、インストールしてみました。

今回インストールしたのは、Windows Vista上にVMwareで構築した仮想マシン環境です。
実機にインストールしたかったけど、残念ながら用意できなかったので、やむなしです。

公式の情報によるとWindows7 β1に必要な最低スペックは以下の通り。

Minimum recommended specs call for:
1 GHz 32-bit or 64-bit processor
1 GB of system memory
16 GB of available disk space
Support for DirectX 9 graphics with 128 MB memory (to enable the Aero theme)
DVD-R/W Drive
Internet access (to download the Beta and get updates)

仮想マシンということもあって、グラフィック環境はスペックを満たしてない。
この場合、エアロが有効にならないようだ。

あらかじめホスト側のPCにインストールDVDイメージをマウントしておき、仮想マシンのDVDドライブに指定しておく。

準備が出来たらインストールだっ!

Read more…

kilo@WebMaster 雑記 ,

AntiVirに乗り換えてみた

10 月 18th, 2008

WindowsのアンチウィルスソフトとしてAVG 7.5 Freeを使っていたのですが、ついさっきWindowsをクリーンインストールしたのでこれを機会にAntiVirというフリーのアンチウィルスソフトに乗り換えました。

AntiVirはパターンファイルの更新など、無料ながらも有料の製品に劣らない検出力が強みらしいです。

ただ欠点として、日本語UIじゃないところと、アップデートの時に広告が表示されるという点があるみたいです。

使い心地とかは数日使ってみないとわからないですね。

AntiVirについてはここが詳しいです。

kilo@WebMaster 雑記 , ,

Wordでフォントが変更できね

10 月 10th, 2008

かなり久しぶりにWordで文章を作ろう!と思ったら、フォントが変更できねー。

文字サイズの変更はできるけど、フォントを変更しようと思ってフォントの一覧を出すとフリーズしやがります。

Excelでも同じ症状が出るので、Windowsのフォントキャッシュ(FNTCASH.BAT)が壊れてるのかな。

とりあえず、Windowsをセーフモードで再起動してFNTCASH.BATを削除。

普通に起動して、もう一度試してみる。

_| ̄|○ だめぽ

Officeの自己診断プログラムでも問題見つからなかったし、これはOffice再インストールか…

大学でインストールしたOfficeなんで、大学でしか再インストールできないのがつらい。

おとなしくMicrosoft Office for Macでも使います。

kilo@WebMaster 雑記 , , ,