Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 512

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 527

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 534

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 570
SecondWave » Flex

Archive

Posts Tagged ‘Flex’

Spotlightのショートカットキーを変更するには

8 月 21st, 2008

Mac OS XにはSpotlightという検索機能があるのですが、Flex builderを使っていてコードアシストを表示しようと思って「control + スペース」を入力するとこのSpotlightのショートカットキーと重なっているため、Spotlight側が反応してしまいます。

回避策としてSpotlightのショートカットキーを変更してみました。

FinderのAppleマークから、システム環境設定を開きます。

システム環境設定のパーソナルの欄にあるSpotlightを選択します。

「Spotlightメニューのキーボードショートカット」の設定を変更します。ここではF1キーに変更しました。

これで、Spotlightのショートカットキーが変更され、Flex builderのコードアシストが使えるようになりました。

kilo@WebMaster Mac, Tech , , ,

Flex Style Explorer

8 月 12th, 2008

今日もほとんどadsenseのChecker作るのに費やしてました。

レポートの取得部分は大体できたので、今度は画面デザイン。
AIRはロジックとUIを分離できるのでいいですね。
せっかくFlex builder使っているので、デザインエリアにコンポーネントをポチポチ配置して画面を作ってみました。

FlexではUIのコンポーネントに対してCSSを使って細かくカスタマイズできるんですね。
これは結構面白いです。

各コンポーネントのスタイルを見るには、Flex 2 Style Explorerがいい感じです。

kilo@WebMaster 雑記 ,

やっとできた

8 月 11th, 2008

先日から、ActionScript3.0でGoogle Adsenseにログインしようと試みていたんですが、なんとかできました。

目的は、収益状況のレポートを取得するため。

GoogleのClientLoginも使えないし、そもそもAdsenseにはAPIないですしね。ログインするのに手間取りました。

AS3.0のURLRequestでリクエストを投げるようにしたんですが、ヘッダを追加したりの制限が多くて…

ほとんどのヘッダが規制かかってて、Contents-typeくらいしか使えないのじゃないのかと、UserAgentやAuthorizationも使えないって結構きついなぁと思う。

もしかして、これがAIR/Flex製のwebサービスクライアントが増えない理由?

kilo@WebMaster 雑記 , , , ,

やっぱり便利なので

8 月 9th, 2008

こんばんは。きろです。
金曜日、サークルの飲み会にいっている間に部屋の窓を開けっ放しにしていたみたいで、雨が降り込んで大変なことになっていました…(挨拶)

ActionScript3.0でAIRアプリを作っています。

開発環境にFlex builderを使っているのですが、このFlex builderさん、日本語のインライン入力に対応していないみたいです。

エディタ部分に日本語を入力しようとすると、入力途中の文字がカーソル部分に挿入されていくんじゃなくて、一旦別のウィンドウに入力途中の文字が入って、確定するとカーソル部分に挿入される。(わかりにくいw)

このような動作をするってことを忘れてると、入力したつもりが入力されてないような錯覚に陥るので精神衛生上あまりよくないです。

そんなちょっとした不満はありますが、コードアシストとかデバッガとか便利な機能があるので、手放せません。

コードアシストは特に便利で、スペルミスも大幅に少なくすることができるし、やたら長いメソッド名なんかを入力する手間が省けていいことだらけです。
コードアシストの恩恵に預かりまくっているおかげで、クラス名やメソッド名は最初の3文字くらいしか覚えていません!

ちょっと、デザイン部分とロジック部分の分離でなやんでいます。
方法は何種類かあるみたいなんだけど、どれも微妙な感じがしててあまりしっくりこない。

いろいろ試してみるしかないですね。

kilo@WebMaster 雑記 , ,

Flex builder 3のライセンスキーが届いた

8 月 2nd, 2008

3日くらい前にAdobeに申し込んでいた、Flex3の学生用ライセンスキーが届きました。

早速触ってみたんですが、Flex builderってUIがeclipseなんですね。

Adobe AIRでもやってみようかしら。

kilo@WebMaster 雑記 , , ,

FlexBuilder3の学生用ライセンス

7 月 30th, 2008

Flex Builder 3 Proのライセンスが学生だと無料でもらえるという話を聞いて、さっそく申し込んでみました。

Flexのアカデミック版ライセンスの発行が解禁になったようです。
学生の方は無料ですので、ぜひこの機会に申込をしておくとよいでしょう。
Flexのアカデミック版 - PHP,MySQL,Flexな日々+イラストとか

必要になるのは学生証のコピーか、学生と証明できる郵便物みたいです。

申し込みはここからできます。シリアルキー発行には2週間くらいかかるようです。

Flex Builderはライセンス登録しなくても最初の60日は体験版として動作するので、シリアルキーが発行されるのを待ちながら使えます。

kilo@WebMaster 雑記 , ,

ActionScript3.0からサーバと変数をやりとりする

6 月 2nd, 2008

ActionScript3.0からサーバと変数をやりとりするときのメモ。

1
2
3
var variables:URLVariables = new URLVariables();
variables.val1 = "hoge";
variables.val2 = "foo";

var request:URLRequest = new URLRequest(postUrl);
request.data = variables;
request.method = URLRequestMethod.POST;

var loader:URLLoader = new URLLoader();
loader.load(request);

URLVariablesのオブジェクトを作成してそこにどんどん変数とその値を追加していく感じ。
あとは普通にURLRequest.dataに格納したあと、URLLoader.load()に渡してあげればいい。

kilo@WebMaster 雑記 , ,