Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 512

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 527

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 534

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /virtual/kilo/public_html/www.ez0.net/wp-settings.php on line 570
SecondWave

Pylons 開発環境を整えよう

4 月 29th, 2010

こんにちは。きろののです。

最近 Python の Webアプリフレームワーク Pylons を扱うようになったので、Pylons 開発の環境を構築してみます。

Python で開発する上で、後々問題になるのは、以下のような事だと思います。

  • Python のバージョンを固定したい (2.5, 2.6, 3.0 …)
  • モジュールのバージョンをアプリごとに選びたい
  • 開発用環境と運用環境の切り分け

こういった問題を解決する方法に、すでに定番となった方法があるみたいです。

virtualenv を使う

virtualenv を使うと 使用する Python のバージョンを固定した環境を構築できます。まずはインストールから。

virtualenv をインストールするには、python-setuptools パッケージをインストールします。

1
$ sudo apt-get install python-setuptools

setuptools がインストールされると easy_install というコマンドが利用できます。

easy_install は、Python Package Index から該当するモジュールパッケージを探してきて、インストールしてくれるコマンドです。パッケージに依存関係がある場合でも自動的に依存パッケージもインストールしてくれます。

easy_install を使って、virtualenv をインストールします。

1
$ sudo easy_install virtualenv

もし、一般ユーザの権限しかなく、sudo などのコマンドが使えない場合は、手動で virtualenv.pyをダウンロードしてくる方法があります。

1
2
3
$ wget http://pypi.python.org/packages/source/v/virtualenv/virtualenv-1.4.8.tar.gz#md5=74ded4025a56e538c1c8df6b9825a8b8
$ tar xzf  virtualenv-1.4.8.tar.gz
$ cd  virtualenv

仮想環境を作成する

仮想環境を ~/myenv に作成します。

1
$ virtualenv --python=/usr/local/bin/python2.5 --no-site-packages ~/myenv

virtualenv.py を手動でダウンロードしてきた場合は、

1
$ python virtualenv.py --python=/usr/local/bin/python2.5 --no-site-packages ~/myenv

とすることで、~/myenv に –python オプションで指定した python のバージョンの仮想環境が出来上がります。

仮想環境に切り替える

先程作成した仮想環境に切り替えるには、仮想環境のディレクトリ以下の bin/activate というシェルスクリプトを実行します。

1
2
$ source ~/myenv/bin/activate
(myenv) $

source コマンドを使って bin/activate を実行すると、仮想環境に切り替わり、コンソールの先頭に (myenv) とつくようになります。

この状態で、python コマンドのパスを調べてみます。

1
2
(myenv) $ which python
/home/username/myenv/bin/python

python コマンドの在処がシステムにインストールされた python ではなく、仮想環境として作成したディレクトリ myenv の bin/python を指すようになります。

仮想環境から抜ける

仮想環境から抜けるには、deactivate コマンドを使います。

1
2
(myenv) $ deactivate
$

取り敢えず、仮想環境に pylons パッケージをインストールしてみます。myenv をアクティベートしておきます。

pip でパッケージ管理

先程の easy_install と同様にモジュールパッケージ名を指定すると、パッケージをインストールしてくれる pip というコマンドがあります。

現在のバージョンの virtualenv で仮想環境を作成すると、pip もインストールされています。

pip コマンドを使うと、パッケージのインストール、アンインストールが容易に行えます。

Pylons のインストール

pylons をインストールするには、

1
(myenv) $ pip install pylons

先に、依存パッケージのダウンロードを行い、その後、自動的にセットアップが始まります。

freeze コマンドを使うと、インストールされているパッケージの一覧を見ることが出来ます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
(myenv) $ pip freeze
AuthKit==0.4.5
BareNecessities==0.2.2
Beaker==1.5.3
Elixir==0.7.1
FormBuild==2.0.1
FormEncode==1.2.2
Mako==0.3.2
Paste==1.7.3
PasteDeploy==1.3.3
PasteScript==1.7.3
Pygments==1.3.1
Pylons==0.10rc1
Routes==1.12.1
SQLAlchemy==0.6beta3
Tempita==0.4
WebError==0.10.2
WebHelpers==0.6.4
WebOb==0.9.8
WebTest==1.2.1
decorator==3.1.2
elementtree==1.2.7-20070827-preview
nose==0.11.3
python-openid==2.2.4
simplejson==2.1.1
wsgiref==0.1.2

これで、取り敢えず pylons 開発環境が整いました。

次回は、Pylons をベースに アプリケーションの作成やってみたいと思います。

kilo@WebMaster Pylons ,

満月

4 月 4th, 2010

imgp2002re

先月、30日が満月だったので、写真にとってみたモノを…。
東京での新しい生活。すこしずつ慣れてきたような気がします。

kilo@WebMaster 雑記

吹き上げパイプ

3 月 4th, 2010

imgp0524

ラジオの電波棟と月が、昔よく遊んだ(ような気がする)、吹き上げパイプというおもちゃに良く似ていて、ちょっと懐かしくなりました。

kilo@WebMaster 雑記

SNYDER’S PIECES

2 月 27th, 2010

こんばんは、きろです。

気がつけばあっという間に2月も終わろうとしていますね。
このブログ…放置ぎみだったので、過去の下書きでとりあえずお茶を濁しておきます。

# 以下本文

2010年になって早いものでもう一ヶ月以上がすぎてしまった。
学生生活も残すところわずかなのか…と思いにふけっている。

という前置きとは関係なしに、最近スナイダーズというメーカーのプレッツェルを無性に食べたくなる衝動に駆られているというお話です。

プレッツェルとは、小麦粉とイーストから作られる焼き菓子なのですが、それを扱う、スナイダーズという、アメリカ・ペンシルバニア州にあるメーカーのモノがお気に入りなのです。

正直なところ、プレッツェルはそれしか食べたことがない、のですが…。

スナイダーズを知ったのは、数年前にアメリカ・ドイツに行ったときだったと思います。どのスーパーにも置いてあったのと、ロボカップに参加している間、作業の傍らずっと貪っていたという経緯から、強烈に印象づいています。

このとき食べたプレッツェル、いろいろフレーバーがあって面白いのですよ。
チェダーチーズとかオニオン、ハラペーニョ…。

異国の地で、よく分からないものを食らう。
あぁ!もしかしたら、とんでもないものを食わされるかも知れない!というドキドキ感を楽しんでたのかな?

最近になって、近所に売ってないかと調べたときに、スナイダーズでもいろいろ種類があることに気がつきました。私が知っていたのは、スティック・プレッツェルを製造過程で細かく砕いたタイプの「PIECE」というやつ。
その他にも、本場プレッツェルの結び目の形をしたもの。いろんなスナックをミックスしたものなどなど。

そんなスナイダーズですが、雑貨系のお店で時々売っているのを見かけるのですが、なぜかminiパックしかお目にかかれません。
まぁ、それでもいいんですが、やっぱコスト面を考えると、少しお値段が張ります。
やっぱネット通販とかで大きめのサイズを注文しちゃうのが良いでしょうね。

# 以上本文

てなわけで、最近箱タイプのやつを3つほど入手!
幸せいっぱいのきろさんです。

kilo@WebMaster 雑記 ,

Android で証明書が期限切れというエラーがでて apk が作成できない

1 月 23rd, 2010

Android SDK の debug 用キーストアの有効期限は1年間みたいで、1年を過ぎると

Error generating final archive: Debug certificate expired on XXXXX

というエラーがでるみたいです。

Linux や MacOS の場合だと、ホームディレクトリの .android/debug.keystore を削除すればよいみたいです。

kilo@WebMaster Android ,

WP Super Cache で Wordpress を速くする

1 月 21st, 2010

こんにちは、きろです。

最近、記事へのアクセスのレスポンスがかなり遅くなる時間帯があるみたいです。データベースのクエリの応答が遅いのか PHP の実行が遅いのかは調べてないのですが、 MySQL は共用ですし、 PHP はセーフモードから変えられないし… とりあえず、 Wordpress のページ生成結果をキャッシュしてレスポンスの改善を試みたいと思います。

WP Super Cache を導入する

導入するプラグインは、WP Super Cache というもの。このプラグインは、開発元の Holy Shmoly! から入手できます。

プラグインの有効化は簡単です。いつもどおり、 /wp-content/plugins の中に展開したプラグインをアップロードして、管理画面のプラグインから WP Super Cache を有効化します。プラグインを有効化すると設定に WP Super Cache の設定画面が追加されるので、そこでキャッシュするかどうか設定します。

サーバによっては、 /wp-content に Apache が書き込みできるようにパーミッションを設定してあげなければいけないかと思います。キャッシュされるようになると、 /wp-content/chace というディレクトリが生成され、中にキャッシュされたファイルができているはずです。

記事にアクセスしたときに、それがキャッシュされたものかどうか知りたい場合には、 HTML ソースを表示して最下部をみると、

<!– Dynamic page generated in 0.519 seconds. –>
<!– Cached page generated by WP-Super-Cache on 2010-01-21 00:13:57 –>

というようなタグが挿入されています。

これで、少しはページの応答がはやくなったのではないかなと思います。しばらく様子をみてみます。

kilo@WebMaster 雑記 , ,

Android 2.1 のアプリケーション開発環境の構築

1 月 19th, 2010

こんにちは、きろです。

Google が提供する Android SDK 2.1 が最近リリースされた。 NexusOne が発表されたにも関わらず、 NexusOne で動いている Android の SDK が出ていないという状況にデベロッパーの人はかなり不満を感じていたかもしれないですね。

それはさておき、以前 Android SDK を触ったときは、1.0か1.5のときだったと思う。 Android SDK 2.1 になってから、開発環境のインストール方法も随分と様変わりしてしまったみたいなので、環境をインストールする方法をメモっておこうと思う。

SDK をダウンロードする

android-dev

Android developers の SDK ダウンロードページから、自分の使っているプラットフォームの SDK を入手する。今回は Windows マシンにインストールすることにした。

ダウンロードしておいた、 android-sdk_r04-windows.zip を好きな場所に展開する。 android-sdk-windows というディレクトリを C:UsersUserName の直下に配置した。

ADT Plugin を Eclipse にインストール

今は Eclipse 3.4 (Ganymede) を使っているが、 Eclipse 3.5 でも ADT Plugin は使えるみたいだ。

Eclipse のソフトウェアアップデート機能を使ってADT プラグインをインストールする。

  1. ヘルプ > ソフトウェア更新 を選び、ソフトウェア更新のダイアログを開く
  2. 使用可能なソフトウェア タブを選択し、サイトの追加 をクリックする
  3. ロケーション に https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ と入力する
  4. 追加されたサイトの Developer Tools にチェックを入れて、インストール をクリックする
  5. インストールしたら、 Eclipse を再起動

サイトのロケーションが無効だって言われる場合は、 https:// ではなく、 http:// に変えて試してみると良い。

ADT Plugin の設定

ADT の設定をする。

ウィンドウ > 設定 から設定を開き、左側のツリーから、 Android を選択する。

android-adt-plugin

SDK ロケーションに、先ほど配置した android-sdk-windows のパスを設定する。

Android SDK のインストール

Eclipse に ADT プラグインをインストールしたら、ツールバーに黒い電話のようなアイコンが追加されていると思う。それをクリックすると、 Android SDK and AVD Manager が表示される。

Available Packages を選択して、右側にツリーが表示されているので、すべて選択する。

Install Selected を押すと、各バージョン向けの Android SDK がダウンロード、インストールされる。

android-sdk-and-avd-manager

どのバージョンの SDK がインストール済みどうか確認するには、 Android SDK and AVD Manager の Installed Packages を見ればよい。

これで Android アプリケーションの開発環境が整った。 Android の各バージョンに対して、一つの環境で切り替えつつ開発できるというのは良いですね。

kilo@WebMaster Android , , , ,